「孫を小学校に送る」ことが日課だった 観光船事故後、消息わからず

有料会員記事

長沢幹城、小浦雅和
[PR]

 北海道・知床半島沖で起きた観光船「KAZUⅠ(カズワン)」事故で、乗客の一人だったとみられる佐賀県有田町に住む70代男性は、ともに町内のゴルフ仲間で、死亡が確認された林善也さん(78)、岩永健介さん(74)の2人と、4月20日から北海道旅行に出かけていた。

 「消息がわからないまま1カ月も経ってしまった。もやもやしている。家族もかわいそうだ」。幼なじみの男性(73)は、友人の安否を心配し、いらだちを隠さなかった。

 70代男性は、低学年の2人の孫を小学校まで送ることが日課だった。幼なじみは、近所でその様子を毎朝見てきた。最近は、孫を送りながらも「ひざが痛い」とこぼしているのを心配していた。朝のこんな光景が、一日も早く戻って欲しいと願う。

 50年来、地元の親睦会の仲…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら