維新、参院選北海道での擁立見送り 大地が自民・船橋氏推薦

有料会員記事維新自民参院選2022

中野龍三
[PR]

 日本維新の会は22日、今夏の参院選北海道選挙区(改選数3)での公認候補者擁立を見送ることを明らかにした。鈴木宗男・道総支部代表(参院議員)が代表を務める地域政党新党大地」が、自民党から立候補予定の船橋利実・元衆院議員(61)を推薦する。

 維新は道選挙区での候補擁立を検討してきたが、22日の札幌市内での党の会合で、鈴木氏が見送りを発表した。維新は比例区では自民党道連の幹部だった道議ら2人の擁立を決めている。鈴木氏は「2人の当選のためにすべてのエネルギーを投入する」と語った。

 道選挙区では自民が2議席獲…

この記事は有料会員記事です。残り390文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年5月22日18時35分 投稿

    【視点】維新は参院選に向けて野党スタンスを鮮明にしていますが、全国組織という意味では建設途上で、大阪のようにはいきません。新党大地の顔を持つ北海道に関してはいわばフランチャイズ方式で、直営店ではないということなのでしょう。それを含めて、維新の組織化

あなたにマッチする政党は?

あなたにマッチする政党は?

政策などに関する質問に答えると、あなたの考え方と政党・候補者の一致度が分かります。[記事一覧へ]