照ノ富士が7度目優勝 3場所ぶり、ひざのけがから復活

[PR]

 大相撲夏場所(東京・国技館千秋楽の22日、横綱照ノ富士(30)=モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が12勝目(3敗)を挙げ、3場所ぶり7度目の優勝を果たした。

 3敗で首位を並走していた平幕隆の勝が敗れ、照ノ富士が結びで大関御嶽海を下した。

 照ノ富士はひざなどのけがで3月の春場所を途中休場し、今場所も初日を落とす苦しいスタート。8日目までに3敗したが、そこから立て直し、千秋楽まで7連勝で賜杯(しはい)にたどり着いた。

 モンゴル出身力士の優勝回数では、鶴竜の6度を上回った。45度の白鵬、25度の朝青龍、9度の日馬富士に続いている。