バイデン大統領が来日、岸田首相と会談へ 安保・経済の連携確認

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領が22日、就任後初めて来日した。安全保障と経済の両面でアジアへの関与を重視する姿勢を打ち出す。23日には岸田文雄首相と日米首脳会談を行い、ロシアのウクライナ侵攻に結束して対応することを改めて確認する。ロシアによる核の威嚇や、中国、北朝鮮の核開発を念頭に、日米同盟のもとで米国の戦力による「拡大抑止」が揺るぎないことを強調。米国が主導するインド太平洋地域の新たな経済枠組み(IPEF)の創設を表明する。

 バイデン氏は22日夕、大統領専用機で米軍横田基地東京都福生市など)に到着した。23日に皇居・御所で天皇陛下と会見。その後、東京都内で岸田首相と会談する。

 会談ではウクライナ情勢について協議し、日米をはじめ国際社会が結束してロシア制裁やウクライナ支援にあたる重要性を確認。力による一方的な現状変更の試みは許されないとの立場を改めて強調する。

 両首脳はまた、中国による東…

この記事は有料会員記事です。残り698文字有料会員になると続きをお読みいただけます。