ウクライナ大統領が演説へ ダボス会議2年ぶり開幕 ロシア排除鮮明

有料会員記事

編集委員・石合力
[PR]

 世界各国の政府高官や企業トップが地球規模の課題を話し合う世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が22日夜(日本時間23日未明)、スイス東部ダボスで開幕する。ロシアがウクライナ侵攻を続けるさなかでの開催となり、23日にウクライナのゼレンスキー大統領がビデオ演説する予定。ロシアの参加を排除するなど、政治色の濃い会合になりそうだ。

 ダボス会議はコロナ禍を理由に延期され、リアル開催は2020年1月以来2年ぶり。約50カ国の首脳と国際機関の代表を含む約100カ国計約2500人が集まり、ウクライナ情勢やコロナ対策、気候変動、エネルギー供給問題について議論する。日本からは経済人ら約70人が参加。26日まで。

 ウクライナからは副首相、外…

この記事は有料会員記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    遠藤謙
    (エンジニア)
    2022年5月24日10時58分 投稿

    【視点】先日ヤンググローバルリーダーの集まりで、ダボス会議の参加を断った方の話を伺った。断った理由はロシア参加の排除だった。 以前私がアジアの地域会議に参加したときに、アジア諸国の首脳や官僚のパネルの議論で、数名が経済的排他区域侵害で中国を批