ロッテ小島和哉のグラブのひもが長いワケ 重なる野球との向き合い方

有料会員記事

平田瑛美
[PR]

 ぷらぷらと揺れるひもが気になっていた。

 千葉ロッテマリーンズ4年目、小島(おじま)和哉投手(25)の指先。利き腕の左ではなく、右手にはめたグラブの小指の先から伸びる革ひもだ。

 普通は玉結びで留めるので、その余り端はせいぜい5センチほど。それなのに、小島の場合は、試合を重ねるごとに“成長”し、いまでは長さが15~20センチもある。

 どうしてこんなに伸びてしまったのだろう?

 本人を直撃すると、「あの、本当に(取材が)企画倒れになるかもしれないんですけど……」と、こちらの立場を気遣いながら教えてくれた。

 「キャッチボールでピッチャ…

この記事は有料会員記事です。残り1125文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら