金融所得課税強化に否定的見解 木原官房副長官

阿部彰芳
[PR]

 木原誠二官房副長官は22日、富裕層を対象とする金融所得課税の強化について、早期の実施に否定的な考えを示した。フジテレビの報道番組で、「政策は優先順位をつけてやることが非常に大切で、今我々がやるべきことは『貯蓄から投資』だ」と述べた。

 木原氏は「今、我々がマーケット、投資家、国民に出さなければいけないメッセージは『貯蓄から投資』。これをぜひ一度やってみていただけませんかということだと思うので、そこに悪影響がないような形をぜひ考えていきたい」と強調した。

 岸田文雄首相は昨秋の自民党総裁選で、格差是正の選択肢の一つとして金融所得課税の強化を掲げたが、株価下落を受けて先送りする考えを示していた。(阿部彰芳)