日米首脳会談「抑止力示す機会に」 中林美恵子・早稲田大教授

有料会員記事

聞き手・里見稔
[PR]

 23日のバイデン米大統領と岸田文雄首相による日米首脳会談の注目すべき点などについて、早稲田大中林美恵子教授に聞いた。

 ウクライナの戦争は、ロシアの権威主義と、ウクライナとウクライナを支援する欧米諸国自由主義のぶつかり合いだ。価値観が対立する状況は、中国が台頭する東アジアにも当てはまる。ウクライナで起こったことを繰り返させないためにも、日米協調による抑止力を強化する必要があり、バイデン大統領の来日はその機会となる。

 中国は台湾海峡での軍事的な…

この記事は有料会員記事です。残り481文字有料会員になると続きをお読みいただけます。