13年の空白を解いた涙 新庄剛志のコーチ打診を断った旧友の思い

有料会員記事

高橋健人
[PR]

 2020年1月15日午前7時ごろ。兵庫県西宮市の会社員、吉田浩さん(50)は出社に備え、着替えているところだった。

 突然、インスタグラムのライブ配信に招待された。

 「久しぶり!」

 画面の向こうに新庄剛志(50)がいた。

 同学年の2人はかつて、阪神タイガースでプレーした仲間だった。同期で入団し、同じ外野手でもあった。

 ただし、音信が途絶えて13年が経っていた。

 新庄は日本を離れ、インドネシアのバリ島での暮らしを楽しんでいた。

 吉田さんは、新庄をどこか遠い存在に感じていた。

 大学生の長男と新庄の話題になったことがあったが、今さら連絡は取れないと思っていた。

 新庄のインスタグラムをフォローして、それを見て楽しむだけで十分だった。

 それが思いがけず、旧友とつながった。

 スマートフォンの画面越しに話をして思った。

 「何年会っていなくても、普通に会話している。こんなもんなんだな」

 そこから、2人の新たな関係が始まった。

  ◇

 吉田さんは阪神時代、高卒3年目でブレークした新庄を、一番近い場所で見ていた。

 1990年代。チームは低迷し、「暗黒時代」と言われた。

 ファンやマスコミの注目は、数少ないスター選手だった新庄に集中した。

 新庄が寮に住んでいた頃は、夜遅くまで女性ファンが出てくるのを待っていた。報道陣に何かを語れば、それが翌朝の在阪スポーツ新聞の1面になった。

 いつも息苦しそうだった。

 2軍暮らしが長かった吉田さんは、深夜にラーメンや焼き鳥に誘い、愚痴を聞いてあげた。

 ライバル意識は次第に薄れていった。並外れた身体能力には敬意すら覚えていたし、子供のように純粋な性格も好きだった。

  ◇

 2人が再びつながってから13日後。

 48歳の誕生日を迎えた新庄…

この記事は有料会員記事です。残り1233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら