「安全あっての商売」 知床事故の半年前、語った社長 しかし…

有料会員記事

佐野楓、平岡春人
[PR]

 北海道斜里町知床半島沖で、26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故から、23日で1カ月。最後の出航となったあの日、あの海で何があったのか。

出航決断、規程に違反

 「天気が荒れる可能性があるが出航は可能」

 カズワンを運航する「知床遊覧船」の桂田精一社長(58)が記者会見で語ったところによると、桂田社長は4月23日の午前8時ごろ、カズワンの豊田徳幸船長(54)にそう伝えられたという。2人で運航の可否を話し合い、海が荒れる場合は途中で引き返すという「条件付き」で運航することを決めた――。桂田社長はそう説明した。

 しかし、この判断は明らかに規程に反していた。

 同社が定めた運航基準をみる…

この記事は有料会員記事です。残り1841文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら