一塁ベースに書くおじいちゃんの名前 「全力で楽しめよ」いつも胸に

有料会員記事

西崎啓太朗
[PR]

 第74回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は22日、2回戦4試合が栃木県であり、明秀日立(茨城1位)は銚子商(千葉2位)を8―1で破り、8強入りを決めた。つくば秀英(茨城2位)は作新学院(栃木1位)に3―10で敗れた。明秀日立は24日、浦和学院埼玉1位)と準々決勝を戦う。

     ◇

 試合前、しゃがみこみ、一塁ベース上に人さし指で文字をつづった。おじいちゃんの名前を書くために。

 つくば秀英の一塁手吉江立(りつ)君(3年)の習慣だ。

 「全力で楽しんでやってこい…

この記事は有料会員記事です。残り393文字有料会員になると続きをお読みいただけます。