手に持つのは軍配? 国内で対馬のみに生息のトンボ、緊急指定種に

石倉徹也
[PR]

 今年3月に国内で初めて長崎県対馬市で生息が報告された「チョウセングンバイトンボ」が、種の保存法に基づく緊急指定種に指定された。期間は今月21日から3年間で、捕獲や販売・譲渡、殺傷が禁止される。環境省が19日、発表した。

 チョウセングンバイトンボは、朝鮮半島や中国、ロシアに分布する全長3センチほどのトンボ。国内に分布するグンバイトンボの近縁種にあたり、体の地色は黒色で、オスの中脚と後脚が軍配状に白色に広がる特徴を持つ。

 今年3月、対馬市の数カ所で生息が初確認されたと専門誌に報告があった。一部の愛好家による販売目的の採集により、消滅する恐れがあることから、緊急指定種とした。今後、生態などを調査し、国内希少野生動植物種(希少種)に指定するか判断する。希少種は現在計427種あり、指定されると捕獲や販売などが原則禁止になる。石倉徹也