摘めなかった事件の芽 神戸連続殺傷の捜査1課長、25年目の告白

有料会員記事

小野大輔
[PR]

 神戸市須磨区で、当時小学6年の土師淳(はせじゅん)君(11)が殺害されてから、24日で丸25年となる。

 残忍な手口や犯行声明文で高い注目を集めた事件は、警察からはどう見えていたのか。当時の捜査1課長が深層を語り、ある後悔を口にした。

   ◇

 早朝の中学校の正門前。遺体とともに残された紙切れには、こうあった。

 《さあ、ゲームの始まりです

 愚鈍な警察諸君、ボクを止めてみたまえ――》

 1997年5月27日。のちに「神戸連続児童殺傷事件」や「酒鬼薔薇事件」と呼ばれる出来事が世に知らしめられた日だ。

 兵庫県警の当時捜査1課長だった山下征士さん(83)は須磨署に向かった。対面したのは土師(はせ)守さん(66)。次男の淳君(当時11)が3日前から行方不明になっていた。

 「まちがいありません」

 身元を確認した守さんは取り乱すことなく、しっかりした口調で言った。ただ、淳君を見つめるまなざしは、25年たった今も山下さんの脳裏に焼き付いている。

 8日後には報道機関に声明文が届き、《もっと怒りと執念を持ってぼくを追跡したまえ》と警察をさらにあおった。

 報道は過熱の一途をたどる。

 黒のセダン、白のワゴン、不審なスクーター、黒いごみ袋を手にした男――。様々な犯人像や臆測が飛び交った。

 ただ、山下さんは「実は早い段階で、少年は捜査線上に浮かんだ」と明かす。

 報道機関への声明文が届いたのと同じ6月4日。部下から1枚の紙を受け取った。

連続児童殺傷を防ぐことはできなかったのか。記事の後半では、事件の「予兆」に迫ります。

 事件の構図や関係者の相関図…

この記事は有料会員記事です。残り1719文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら