まだ開票作業は続くけど…豪州で新首相誕生 クアッドで早くも来日へ

有料会員記事

シドニー
[PR]

 21日にあった豪州の総選挙で勝利した労働党のアンソニー・アルバニージー党首(59)が23日、第31代豪州首相に就任した。24日に東京である日米豪印のQUAD(クアッド)の首脳会合に出席するため、23日中にも日本に向かう予定。

 豪州は独立国家だが、形式的には英女王が国家元首を務める。アルバニージー氏は23日朝、英女王の王権を代行する総督との宣誓就任式に臨み、就任を宣誓。4人の大臣を任命した。副首相にはリチャード・マールズ副党首(54)、外相にはペニー・ウォン上院議員(53)が就いた。

 選挙戦では、労働党政権は中…

この記事は有料会員記事です。残り428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。