米中協力の時代「終わった」 日本に期待される役割は?

有料会員記事

聞き手・清宮涼
[PR]

 バイデン米大統領が訪日し、23日に日米首脳会談が開かれた。24日には日米豪印の4カ国による「QUAD(クアッド)」の首脳会合に出席する。米国のアジア政策に詳しい米スタンフォード大フーバー研究所のマイケル・オースリン特別研究員に、今回の日米首脳会談の意義を聞いた。

 米国と中国がより競争的で敵対的な関係になり、米中が協力する時代は終わった。米国にとって、日米同盟は今まで以上に重要になっている。

 今回の日米首脳会談が重要なのは、日米関係がこれまでのような二国間関係だけでなく、中国や北朝鮮などに対応するための多国間の取り組みの一部になっているからだ。

 米国は日米豪印のクアッドの…

この記事は有料会員記事です。残り623文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら