バイデン氏「日米同盟は平和と安定の礎」 岸田首相、侵攻「認めぬ」

岸田政権ウクライナ情勢

[PR]

 バイデン米大統領は23日の会談冒頭で「日米同盟はインド太平洋地域における平和と安定の礎だ」と述べたうえで、「米国は日本防衛に全面的に関与する」と強調。23日午後に、インド太平洋地域に新たな経済枠組み(IPEF)を立ち上げると述べ、その目的について「インド太平洋地域の諸国との協力を強化し、人々に確固たる利益をもたらすためだ」と語った。

 一方、岸田文雄首相は「今回の(バイデン氏の)訪日は、いかなる状況にあっても米国がインド太平洋地域への関与を強化し続けることを示すもので、心から歓迎したい」と言明。さらに、「基本的価値を共有する日米両国で、法の支配に基づく自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて、国際社会をリードしていきたい」とも訴えた。

 ロシアのウクライナ侵攻についてバイデン氏は、「日本はほかのG7各国とともに、プーチン大統領の責任を追及し、民主主義の価値観を守るために取り組み続けている」と評価。岸田氏は「力による一方的な現状変更の試みは、世界のどこであっても、絶対に認められない」と述べた。