共通テストカンニング対策、巡視を強化 電波遮断や「罰則」は見送り

有料会員記事

三浦淳
[PR]

 大学入学共通テストで受験生がスマートフォンを使って試験問題を外部に流出させた事件を受け、文部科学省は、試験監督による巡視の頻度を増やすなどの不正対策をまとめた。会場内の電波遮断も検討したが、費用面から見送った。文科省は6月、不正対策を盛り込んだ大学入試の実施要項を公表し、共通テストを実施する大学入試センターや各大学に対応を求める。

 文科省は情報通信の専門家な…

この記事は有料会員記事です。残り362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    増谷文生
    (朝日新聞論説委員=教育)
    2022年5月24日11時6分 投稿

    【視点】「何も変わらないではないか」「これでは再びカンニングが起きるのではないか」という印象を持つ方は多いと思います。  たしかに、スマホの電波を遮断する装置は、昨今のカンニングを防ぐには効果を発揮するでしょう。ただ、試験場だけで700を超え、教