防衛予算の確保提言「真に必要な措置を」 公明、骨太の方針向けに

有料記事公明

小野太郎
[PR]

 政府が6月にまとめる「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」に向けて、公明党は必要な防衛予算を確保することを求める提言をまとめた。安全保障環境を不安視する世論が高まっているとみて、こうした提言を初めてまとめたという。提言は松野博一官房長官に提出する。

 北朝鮮ミサイル技術の向上やロシアによるウクライナ侵攻などに触れ、「防衛費の確保を含め必要な抑止力の整備を着実に進め、切れ目のない安全保障体制を構築する」必要性を強調。そのうえで、「厳しさを増す我が国の安全保障環境に対応するために真に必要な予算措置を行うこと」を求めた。

 防衛費の増額をめぐって自民…

この記事は有料記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!