中国、バイデン氏に反発「外部勢力の干渉許さぬ」 台湾めぐる発言で

[PR]

 バイデン米大統領が23日、岸田文雄首相との共同記者会見で台湾防衛への軍事関与に前向きな姿勢を示したことについて、中国外務省の汪文斌副報道局長は同日の定例会見で「台湾は中国の不可分の一部であり、台湾問題は中国の内政であり、いかなる外部勢力の干渉も許さない」と述べた。

 汪氏は「中国の主権と領土などの核心的利益に関わる問題で、妥協や譲歩の余地は一切ない。いかなる者も中国人民の固い意思や強大な能力を過小評価してはならない」と強調した。さらに、汪氏は米側に対し「『一つの中国』原則を厳守し、台湾問題への言動を慎み、独立勢力に誤った信号を送らないよう」求めた。