沈没したカズワンの白い船体、海面近くで確認 24日にも引き揚げへ

有料会員記事

【動画】海面近くまで引き揚げられた観光船=平野真大撮影
[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、海上保安庁の委託を受けた民間業者が23日、引き揚げに向けた作業を再開し、水深約120メートルの海底に沈んでいたカズワンを海面近くまでつり上げた。このまま水深の浅い地点へ向かい、24日以降、台船上に引き揚げる予定だ。

 また国土交通省は、カズワンの運航会社「知床遊覧船」に対する特別監査で多数の安全管理上の問題が確認されたとして、同社の事業許可を取り消す方針を24日に公表する予定。

 23日午後の上空からの映像では、海面近くでうっすらとカズワンの白い船体が見える。関係者によると、船は前方の窓ガラスが割れているという。海保は引き揚げ後、船体の詳しい状態を調べ、事故原因の究明を進めていく。

 23日は朝から潜水士がカズ…

この記事は有料会員記事です。残り480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら