「すさまじい熱さ」父と娘は炎迫る隣家に向かった 高齢の夫婦を救助

阿部育子
[PR]

 炎に気づいたとき、頭に浮かんだのは隣に住む高齢夫婦のことだった――。横浜市消防局港南消防署は23日、横浜市港南区芹が谷3丁目の火災現場で、高齢夫婦を救助したとして、会社員の戸田旬さん(46)と長女で大学生の明日香さん(18)らに感謝状を贈った。

 火災があったのは4月5日。自宅で仕事をしていた戸田さんが、焦げ臭さを感じてカーテンを開けると、近くの家から炎が上がっていた。家にいた明日香さんが119番通報。戸田さんの頭には隣家の90代と80代の夫婦のことがよぎった。戸田さん一家が引っ越してきた約10年前からの付き合いで夫婦は足が悪い。父娘で救助に向かった。「自分たちが逃げることよりも『助けに行かなければ』という思いが強かった」と戸田さんは振り返る。

 高齢夫婦の住む家は、大炎上する家屋のすぐ後ろにある。「大丈夫ですか」。すさまじい熱さを感じながらも、声をかけて家に入った。車いすに乗る夫婦の妻を戸田さんが運び出し、明日香さんが偶然近くを通りかかった都内の消防署に勤める吉成祐二さん(42)と一緒に夫を支えて屋外に避難させたという。

 港南消防署によると、出火元の木造2階建て住宅は全焼。高齢夫婦の家を含む近隣住宅にも燃え移ったが、けが人はいなかった。

 火災現場に初めて居合わせたという明日香さんは、「火が近く、最初は怖かったが、(高齢夫婦に)何かあった方が怖いと思った。力も必要だったが、15年間やっていた水泳が生きたのかも」。将来は理学療法士として、高齢者らのリハビリを手伝う仕事に携わるのが目標だ。

 感謝状を贈った同署の櫻井清二署長は、「高齢世帯の数が増えている地域での見守りや助け合いの大切さを痛感した」と話した。(阿部育子)