審査を厳しくしないであげる…外国公務員のささやき、見返りは?

有料会員記事

金子和史
[PR]

 追徴課税を逃れるためにベトナムの公務員に賄賂を渡したとして東京地検特捜部は23日、プラスチック製品メーカー「天馬」(東京都北区、東証プライム)の藤野兼人・元社長(69)ら3人を不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の罪で在宅起訴し、発表した。

 他に起訴したのは、本社の細越勉・元経営企画部長(57)、現地子会社「天馬ベトナム」の吉田晴彦・元社長(51)。法人としての同社も両罰規定に基づき起訴した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 発表によると藤野元社長ら3人は2017年、追徴金を減額してもらうため、税関局職員に約980万円相当の現金を子会社の事務所で渡したとされる。細越元部長と吉田元社長は19年にも、同じ趣旨で税務局職員に約1380万円相当の現金をコーヒー店で渡したとされる。

 同社が設置した第三者委員会…

この記事は有料会員記事です。残り1491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。