G7の広島開催「核兵器廃絶へ議論を」 知事・市長らが訴え

[PR]

 来年の主要7カ国首脳会議(G7サミット)の広島開催の決定を受け、広島県湯崎英彦知事と広島市松井一実市長らが23日夕、共同記者会見を開いた。

 湯崎知事はロシアによるウクライナ侵攻に触れ、「核兵器廃絶に向けて、かつてないほど厳しい状況におかれている。G7でしっかり議論して頂くことを強く期待したい」。松井市長は「核保有国を含む主要国の首脳が集い、対話する意義は極めて大きい」と歓迎した。