秋の陣にらみ権威ブースト 新華社、習近平氏たたえる50回シリーズ

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国国営新華社通信は23日、習近平(シーチンピン)国家主席の指導者としての足取りを紹介する、全50回に及ぶ短編ドキュメンタリーシリーズの配信を始めた。習氏肝いりの「ゼロコロナ」政策を疑問視する声も出るなか、今秋に迫る共産党大会に向けてあらためて習氏の権威を固め、長期政権への地ならしを図る狙いがありそうだ。

 「足跡」と題したシリーズの初回は、文化大革命期に、都市の若者を農村に送る下放政策によって習氏が15歳からの7年間を過ごした陝西省梁家河村での姿を、本人や地元住民の回顧を交えて紹介。ノミに苦しみながら慣れない労働に励み、農民たちの中に飛び込んで信頼関係を築いていったとする内容を伝えた。

 今秋の党大会で総書記として…

この記事は有料会員記事です。残り205文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら