「気持ちはよくわかります」 米大統領に抱きしめられ訴えたのは

有料会員記事

渡辺洋介
[PR]

 北朝鮮による拉致被害者の家族11人が23日、来日中のバイデン米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で面会した。すべての拉致被害者の即時一括帰国に向けて協力を求めると、バイデン氏は「今後も協力していく」と応じたという。

 面会した11人は横田めぐみさん(拉致当時13)の母早紀江さん(86)や弟の拓也さん(53)、田口八重子さん(拉致当時22)の長男飯塚耕一郎さん(45)ら。面会後に記者会見した家族らによると、面会時間は約30分間で、当初は拓也さんら代表者があいさつする予定だったが、バイデン氏は一人ひとりと言葉を交わして握手をした。

 冒頭、拓也さんがあいさつで…

この記事は有料会員記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。