福島第一原発1号機格納容器の内部調査 堆積物を確認、成分は不明

有料会員記事

山野拓郎
[PR]

 東京電力は23日、福島第一原発1号機の原子炉格納容器内の広い範囲で、成分不明の堆積(たいせき)物を確認したと発表した。「燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)である可能性は否定はできない」と説明。今後、堆積物の厚さや線量を測定していくという。

 東電などは17~19日、遠隔操作ロボットを使い、原子炉圧力容器を支える台座(ペデスタル)の周辺を調べた。この堆積物は、床面だけでなくあちこちに積もっていた。また、かたまり状になった堆積物も複数確認された。

 調査では、内部で鉄筋がむき…

この記事は有料会員記事です。残り110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。