議員へのハラスメント防止、秘書や家族も対象に 福岡県議会の条例案

有料会員記事

山崎毅朗
[PR]

 議員に対するハラスメントを防ごうと、福岡県議会が制定を目指す条例案が23日、議会内の検討委員会で示された。議員本人や議員を目指す人だけでなく、議員の秘書や事務所スタッフ、家族へのハラスメントも対象にする。

 検討委は冒頭のみ公開され、終了後に座長の吉村悠県議が説明した。

 説明によると、議会内に弁護士などによる窓口を設け、議会内外でのセクハラパワハラ、マタハラ(妊娠・出産をめぐる嫌がらせ)、票ハラ(有権者の投票をちらつかせての嫌がらせ)などの相談を受ける。県内の市町村議からの相談にも対応する。

 聞き取りや調査の結果、対応…

この記事は有料会員記事です。残り278文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら