G7「落選」の福岡、G20の雪辱ならず 市長「残念」

有料会員記事

松沢拓樹、山崎毅朗
[PR]

 G7サミットの開催地に名乗りを上げていた福岡。同様に誘致を目指した2019年の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に続く「落選」となった。

 福岡市の高島宗一郎市長は23日夕、報道陣の取材に応じた。岸田首相が広島開催を表明した午後の会見前に、麻生太郎自民党副総裁から連絡を受けたといい、「率直に残念という気持ちはある」と話した。

 落選の理由の一つに、ロシアのウクライナ侵攻といった世界情勢を挙げ、「平和というものに対して広島が持つ特別な意味を最優先で考慮したと受け止めている」。ウクライナ侵攻がなければどうだったと思うか問われると、「福岡でしたでしょうね」と答えた。ただ、「決まったからには、一丸となって広島でのサミット大成功を期待したい」と語った。

 これまで高島市長は「G20を大阪に取られた悔しい思いが残っている」とし、「言われた様々な指摘はアップデートしてきている」と意気込んでいた。

 G20では、海外の要人が宿…

この記事は有料会員記事です。残り245文字有料会員になると続きをお読みいただけます。