• アピタル

ヒ素ミルク事件、森永乳業を提訴へ 脳性まひの女性「今も症状悪化」

有料会員記事

森下裕介
[PR]

 森永乳業粉ミルクの製造工程で1955年、ヒ素が混入し、飲んだ乳児に健康被害が出た「森永ヒ素ミルク事件」で、大阪市内の女性(68)がヒ素中毒で脳性まひになり「症状が悪化し続けているのに、補償が不十分だ」と訴え、同社に慰謝料など計5500万円の損害賠償を求め、大阪地裁に近く提訴する。女性の代理人弁護士が23日、取材に対して明らかにした。

 女性の代理人弁護士によると、女性は54年生まれ。同社の粉ミルクを飲んで脳性まひになり、徐々に手足のしびれも表れ、2004年ごろに歩行も困難になった。介助者がいなければ通院などができない状況にあるという。

森永乳業は取材に「訴状が届いておらず、コメントは差し控える」と答えました。

 事件では、乳児130人が死…

この記事は有料会員記事です。残り190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。