袴田さん再審請求審、判断へ大詰め 7~8月に法医学者ら証人尋問へ

有料会員記事

大平要
[PR]

 【静岡】強盗殺人事件で死刑判決が確定したあと釈放された袴田巌さん(86)の裁判をやり直すよう求めた東京高裁での再審請求審で、法医学者ら5人の証人尋問を7~8月に実施する方向になった。弁護側が冤罪(えんざい)だと主張する「袴田事件」は再審を開始するかどうかの判断に向けて、大詰めの段階に入っている。

 23日行われた裁判所、検察側、弁護側の3者協議で確認した。検察側が2人、弁護側が3人を申請し、今後、時間配分などを調整する。

 再審請求審では、証拠とされ…

この記事は有料会員記事です。残り258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら