初の戦争犯罪裁判、21歳のロシア兵に終身刑を宣告「人道に反する」

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 ウクライナ侵攻中に民間人男性を殺害したとして、戦争犯罪として初めて起訴されたロシア兵に対し、ウクライナの首都キーウの裁判所は23日、終身刑を言い渡した。

 英BBCなどによると、被告はロシア西部モスクワ州の戦車隊の指揮官だったワジム・シシマリン軍曹(21)。2月28日、ウクライナ北東部スーミ州の村の路上で、住民のオレクサンドル・シェリポフさん(62)を射殺したとして起訴されていた。

 ロイター通信などによると、セルヒー・アハフォノフ裁判官は判決で、被告がより階級が上の兵士に命じられ、殺害を実行したと指摘。男性の頭に複数回発砲し、殺したとした。さらに、今回の犯罪が平和や安全、人道、国際的な法秩序に反するものであったことを考えると、より短い刑を科す可能性は見いだせないとも述べた。

 BBCによると、被告は判決が読み上げられたとき、特に反応を示さなかった。AFP通信によると、被告の弁護人は「厳しい判決だ」として上訴する意向を示したという。被告は罪状を認め、出廷した被告の家族に謝罪していた。

 検察側の主張では、シシマリ…

この記事は有料会員記事です。残り186文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら