• アピタル

米国でサル痘に1人が感染 CDC「皮膚の接触や飛沫で感染する」

有料会員記事

ワシントン=合田禄
[PR]

 米疾病対策センター(CDC)は23日、米国内で感染症のサル痘に1人が感染し、4人が感染している疑いがあると発表した。

 CDCによると、感染が確認された1人はマサチューセッツ州在住で、保健当局が、この感染者と接触した200人以上を調査している。接触者の多くは医療関係者だという。

 感染の疑いのある4人は、サル痘ウイルスや天然痘ウイルスが属するオルソポックスウイルスへの感染が確認された人たちで、「サル痘だと推定される状況」だとした。

 CDCの担当者はサル痘について「皮膚と皮膚の接触や、近距離での飛沫(ひまつ)で感染する。食料品店ですれ違っただけでは感染しない」と説明。「主にリスクがあるのは家族や医療関係者だ」と指摘した。

 感染しても、多くの場合は特…

この記事は有料会員記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら