米国防長官「政策変更ない」 バイデン氏の台湾防衛への発言受け釈明

有料会員記事

ワシントン=清宮涼
[PR]

 訪日中のバイデン米大統領が23日、岸田文雄首相との共同記者会見で、台湾有事の際に台湾防衛のために軍事的に関与する意思があると述べたことについて、オースティン米国防長官は同日、「(バイデン)大統領は、政策は変わっていないという事実を明確にしていたと思う」と述べ、米国の政策の変更にはあたらないと説明した。

 バイデン氏の発言は、台湾防衛の意思を明らかにしない米国の従来の「あいまい戦略」から、「明確戦略」への転換を示唆するものだ。米国防総省での会見でこの発言について問われたオースティン氏は、「(バイデン氏は)我々の政策と、台湾海峡の平和と安定への関与を繰り返した。また台湾関係法に基づき、台湾に防衛手段を提供することへの関与を強調した」と説明。米国の台湾をめぐる政策に変更はないとの立場を繰り返し強調した。

 一方、米軍制服組トップのミ…

この記事は有料会員記事です。残り82文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら