米首都、ザッカーバーグ氏を提訴 選挙コンサルへの情報流出の疑い

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米首都ワシントン特別区のラシーン司法長官は23日、フェイスブック(FB、現メタ)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)を消費者保護法に違反した疑いで提訴した。2018年に発覚した英選挙コンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)への情報流出で、同氏が流出につながる意思決定に直接関わったとしている。

 訴えによると、16年の米大…

この記事は有料会員記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年5月25日9時38分 投稿

    【視点】SNSは私たちの発信や交流を助け、ますます影響力を強めていますが、利用者がそこに差し出した個人情報はビジネスに使われ、選挙にすら影響を与えかねません。そうした問題意識に欠ける大手SNS事業者の緩さが窺える記事です。  トランプ氏が当選