毎日読経計1千回、法華経にはまった住職が歌う「念仏ロック」

有料会員記事

保坂知晃
[PR]

 印刷会社の営業担当、ピザチェーン店長という職を経て、仏道に入った天台真盛(しんせい)宗の住職らが、法華経とプログレッシブロックを融合させた「念仏ロック」を完成させた。

 「世尊妙相具 我今重問彼 佛子何因縁 名為観世音……」。ロック調の音楽と法華経の融合が独特の世界観を醸し出す。

 津市美杉町の寺院「西向院(さいこういん)」の住職、石山覚教(かくぎょう)さん(47)が読む法華経28章のうちの一つ「妙法蓮華経観世音菩薩普門品(ふもんぽん)第二十五」。その「歌詞」に沖縄県竹富島出身のミュージシャン、日出克(ひでかつ)さんが作曲とアレンジを担当した曲を組み合わせた。

 完成した楽曲は、お経から「…

この記事は有料会員記事です。残り809文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら