ジョコビッチ、選手除外決めたウィンブルドン批判 「選択肢あった」

有料会員記事

パリ=遠田寛生
[PR]

 プロテニス界が連日「ウィンブルドン騒動」で揺れている。

 4大大会の第2戦、全仏オープンがパリ・ローランギャロスであり、第2日の23日もトップ選手が次々と登場した。

 ただ、最も話題になっているのは全仏の試合ではなく、試合後に選手が語った6月27日に開幕予定のウィンブルドン選手権だった。

 ウクライナへの軍事侵攻で、ウィンブルドンの主催者はロシアとベラルーシの選手を今年の大会から除外した。英政府の指針を考慮し、ほかに選択肢がなかったためだ、と説明している。

 その代償として、テニスプロツアーの統括団体(男子はATP、女子はWTA)から、選手へのランキングポイントを付与しない方針が通達された。

 昨年、ウィンブルドンの男子シングルスで優勝したノバク・ジョコビッチセルビア)は「出場するつもり」と話したものの、主催者がくだした判断を「間違っているし、全く支持できない」と切り捨てた。

 ここ数日、ATPや、その評議員を務める選手らと情報交換をし、新たにつかんだ情報もあったという。

 「英政府が出した推薦状のよ…

この記事は有料会員記事です。残り837文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら