マリーゴールドは「強い花」 だからずっとタネを植え続ける

有料会員記事

川村さくら
[PR]

 「どう育つかな、楽しみ」

 小学校の校庭で、赤白帽子に体操服姿の子供たちが、小さな体を丸めてプランターをのぞき込む。人さし指を土の中にズボッ。一つずつ穴をあけて種を埋めていく。ここは群馬県上野村長野県境にある山間のこの村も、5月中旬のこの日は気温が上がっていた。子供たちの頰は赤く、おでこには汗がにじむ。

 植えているのは、マリーゴールドの種。夏に花を咲かせる暑さに負けない「強い花」、マリーゴールド。花には、村の山の尾根で命を落とした520人の命への慰霊と、その遺族たちへ「強く生きてほしい」という子どもたちの思いが込められている。

 清流が流れ、渓流釣りが人気の人口1千人ほどの村は今から37年前の夏、航空機事故史に残る大事故の現場となった。

 1985年8月12日、村の…

この記事は有料会員記事です。残り1025文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら