皇后雅子さまの経歴に驚くバイデン氏 天皇陛下との親密さ見えた再会

有料会員記事

多田晃子

 皇居・御所で23日に行われた天皇陛下とバイデン米大統領の会見。約30分の会見で話題は日米関係から新型コロナ東日本大震災など多岐にわたった。さらに、陛下が自身や皇后雅子さまの米国との関わりについて紹介すると……。和やかで打ち解けた雰囲気のなか、バイデン氏が驚いたこととは。

 お二人の対面は、陛下が皇太子時代の2013年12月に、副大統領として来日したバイデン氏と東宮御所で面会して以来。今回は天皇、皇后両陛下のお住まいである御所で行われた。

 「Hello」

 午前10時過ぎ、御所の車寄せに到着したバイデン氏は、出迎えた陛下に笑顔で歩み寄ってあいさつした。互いに「再びお会いできてうれしく思います」と言葉を交わし、身ぶり手ぶりを交えて会話。笑い声が起きる場面もあった。

 続いて御所の小広間へ。陛下が「多忙な滞在日程の中で最初に御所にお越し下さり感謝します」と伝えると、バイデン氏は「御所にお招きいただき、光栄に思います」と応じた。さらに昨年7月、陛下と会見した妻のジルさんに触れ、「ジルは、昨年の訪日は大変すばらしかったと今でも話しています」と紹介した。

 日米関係について、バイデン氏が「日本とは大変強い絆があり、アジア太平洋地域において日本は最も重要なパートナーです」と述べると、陛下は「今回の大統領の訪日により、日米両国の友好親善関係がさらに増進することを願っています」と伝えた。

「それではボストンなまりですか」ユーモラスなやりとり

 陛下は新型コロナの話題に言…

この記事は有料会員記事です。残り886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら