カズワン、引き揚げへ再調整 潮の流れが速くベルトから抜け落ちたか

有料会員記事

【動画】作業台船「海進」=平野真大撮影
[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、水中でカズワンをつり下げた状態で航行していた作業台船「海進」から24日午前、カズワンが海底まで落下した。海上保安庁によると、水深約180メートルの海底でカズワンが見つかり、同庁は海底からの引き揚げに向けて調整を行っている。

 同庁によると、午前10時20分ごろに「カズワンを海底に落とした」と連絡が入った。当時、海進は斜里沖の水深が浅い地点に向けて航行中で、午前8時から午前10時までの間に落下したとみられるという。無人潜水機で捜索したところ、午前11時40分ごろに水深約180メートルの海底に沈んでいるのが見つかった。

 現場の潮の流れが速く、固定…

この記事は有料会員記事です。残り205文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら