第4回製鉄所を離れても「地獄」 尋問6時間、ロシア兵が見せた夫の写真

有料会員記事ウクライナ情勢

ウクライナ西部ブコベル=飯島健太坂本進
[PR]

 ウクライナ南東部マリウポリのアナスタシア・ミヒロフさん(26)は57日ぶりに製鉄所「アゾフスターリ」から退避した。長男(4)とともに待ち望んでいた自由だった。だが、連れて行かれたのは、親ロシア派勢力の「選別キャンプ」。6時間半に及ぶ尋問が待っていた。

写真を撮られ、指紋も採取、持ち物はすべて検査され…

 太陽の下で子どもに思い切り遊ばせてあげよう。パパもきっと無事に帰ってくる。

 ウクライナ南東部マリウポリのアナスタシア・ミヒロフさん(26)は長男のイワン君(4)と3月10日から、製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターで避難生活を強いられた。

 5月6日、国連と赤十字国際委員会の関与により、待ち望んでいた退避の日がやってきた。

【連載】アゾフスターリ 「地獄」で何が起きたか

製鉄所「アゾフスターリ」では、300人超の市民が地下シェルターで約2カ月過ごし、5月上旬に製鉄所から脱出しました。朝日新聞は退避した市民8人に死と隣り合わせだった地下生活の実態を聞きました。

 ところが、ようやく自由を取り戻したと思ったのもつかの間、新たな「地獄」を体験することになった。

 避難していた他の人たちと一緒にバスに乗せられた。

 東へ25キロ。着いた先はベズイメンネという村だった。

 親ロシア派勢力が「ドネツク人民共和国」として支配する地域内だ。

 そこが、「選別キャンプ」だった。

 村の広場に15張りのテント…

この記事は有料会員記事です。残り2223文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら