第5回親ロシア派の兵士に連行された息子 「私も連れていけ」母は叫んだ

有料会員記事ウクライナ情勢

ウクライナ西部ブコベル=飯島健太坂本進
[PR]

 ウクライナ南東部マリウポリのベッツ・バレンティナさん(63)は、製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターを出たあと、長男ボロディミルさん(40)とともに、親ロシア派勢力の「選別キャンプ」に送り込まれた。尋問の翌日、親ロ派の兵士が長男に言い放った。「お前はウクライナ軍人に違いない」。連れて行かれた息子の行方は、今もわからない。

親ロシア派の兵士「そこはまもなく我々のものになる」

 密閉された地下で身を固くしていた。

 ずっと、窒息しそうだった。

 そんな日々を送った末に、65日ぶりに外に出た。

 「ゆっくりと胸いっぱい、新鮮な空気を吸おう。あと、お手洗いを使いたい」

 5月6日、ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターから、ベッツ・バレンティナさん(63)は退避した。

 ところが、そんな小さな喜びを味わう時間は一瞬たりとも来なかった。

 製鉄所からバスに乗せられ…

この記事は有料会員記事です。残り1796文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら