第6回選別キャンプで母娘が見た断絶 「ロシアが勝てばいい」と言う親戚も

有料会員記事ウクライナ情勢

ウクライナ西部ブコベル=飯島健太
[PR]

 ウクライナ南東部マリウポリのエリナ・チブルチェンコさん(54)とタチアナ・トロツァクさん(25)の母娘は、ロシア軍に包囲された製鉄所「アゾフスターリ」から生還を果たした。だが、自宅はロシア軍の爆撃で黒こげになり、たくさんの知人が死んだ。それでもなお、ロシア側にすり寄る人たちがいる。その断絶に気が重くなる。

窓ガラスは吹き飛び、壁は黒焦げ…爆撃された自宅

 生還しても、これまでの生活は元に戻らない。

 そればかりか、住民の間で修復できない断絶すらあらわになっている。

 5月1日まで丸2カ月間、エリナ・チブルチェンコさん(54)とタチアナ・トロツァクさん(25)の母娘は、ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターに身を寄せた。

 退避したあと、久しぶりにSNSを見た。

 投稿されていた写真を見て言葉を失った。

 「これ、見てください。今でも信じられません」

 退避先の西部ブコベルのホテルで、2人はスマホを見せてくれた。

 画面には、マリウポリにある…

この記事は有料会員記事です。残り1752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら