「のけぞった」「良い失言」 バイデン氏の台湾防衛発言に困惑と歓迎

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領が23日の記者会見で、台湾有事の際には台湾を防衛するため、軍事的に関与する意思があることを明確にしたことについて、日本政府内には歓迎と困惑が交錯している。「心強い」との受け止めがある一方で、さっそく中国が猛反発しており、地域の不安定化につながる恐れがある、との声もある。

 発言は23日の日米首脳会談後の記者会見で飛び出した。中国が台湾に侵攻した場合、米軍が軍事的に関与するかどうか問われたバイデン氏は「イエス」と明言。「それが我々のコミットメント(誓約)だ」とも述べた。歴代米政権は台湾防衛の意思を明らかにしない「あいまい戦略」を取ってきたが、踏み込んだ形だ。

 会見場でバイデン氏の発言を聞いた日本政府関係者は、「驚いた。あきらかに場の雰囲気が変わった」。外務省で会見を聞いていた幹部も「聞いたときは思わずのけぞった。日米ですり合わせた発言ではない」と打ち明けた。

 別の幹部は「バイデン氏は過…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら