第75回「汚された」学校、酒瓶が散乱…ロシア軍の撤退後に残された深い爪痕

有料会員記事ウクライナ情勢

カチュジャンカ=高野裕介
【動画】ウクライナ・カチュジャンカ ロシア軍に占領された学校=諫山卓弥撮影
[PR]

 ロシア軍がウクライナに侵攻してから、24日で3カ月となった。首都キーウ(キエフ)周辺からは3月末に撤退したが、進軍ルートには今も、その爪痕が深く残る。子どもたちのまなびや、林の塹壕(ざんごう)……。痕跡をたどった。

 教室の黒板に、白いチョークでロシア語のメッセージが残されていた。

 「子どもたち、こんな風にめちゃくちゃにしたことを許してください」

 キーウ中心部から北西約50キロのカチュジャンカ。日本の小中学生らに相当する約540人が学ぶ3階建ての学校は、2月24日のロシア軍の侵攻後に占拠された。

 黒板のメッセージはこう続く。

 「学校を守ろうとしたけど…

この記事は有料会員記事です。残り2161文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る