台湾の外交は変わるか? バイデン氏の「軍事関与発言」受けた答えは

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

 バイデン米大統領が日米首脳会談後の共同記者会見で「台湾有事」をめぐる米国の軍事的関与を明言したことについて、台湾外交部の欧江安報道官は24日の定例会見で、「今後も米国や日本との協力を強化し、信頼関係を深めたい」と述べた。台湾の外交政策について特段の調整を行わない考えを表明した格好だ。

 米国の歴代政権はこれまで、中国による台湾侵攻のほか、台湾の独立に向けた動きを牽制(けんせい)するため、台湾防衛の意思を明かさない「あいまい戦略」をとってきた。米政府はバイデン氏が23日に発言した直後に、米国の対中政策に変更はないとの声明を出している。

 24日の台湾主要紙はバイデ…

この記事は有料会員記事です。残り275文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら