「これ以上ない証拠品」カズワン落下に驚く関係者 原因究明に影響も

有料会員記事

[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、水中でカズワンをつり下げた状態で航行していた作業台船「海進」から船体が落下したことをうけ、海上保安庁は再び引き揚げるための調整を進めている。いっそう慎重な作業が必要となり、原因究明の調査への影響も懸念されている。

 落下した現場は、斜里町のウトロ港から西に約11キロの海域で、一番近い岸からは約7キロ。カズワンは23日に約120メートルの海底から水面近くまでつり上げられたばかりで、台船上への引き揚げに向けて移動中だった。

 落下の可能性に気づいたのは、24日午前10時ごろ。水深約20メートルでカズワンをベルトで固定していたはずだったが、その姿がなくなっていた。

 午前9時に確認したときには…

この記事は有料会員記事です。残り694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら