誤入金から4299万円「確保」まで 町「やれる範囲で法的手続き」

有料会員記事

大室一也
[PR]

 誤入金問題をめぐる24日の会見で、誤入金した4630万円の9割にあたる約4299万円を「法的に確保した」と説明した山口県阿武町。

 会見に出席した町側の中山修身弁護士は、その後の法的手続きについて「町の行政部門がやれる範囲での法的手続きを(重ねていき)、ここまで結構しんどかった」とし、「町の人口約3千人。町民のためにも頑張らなくてはいけないと思った」と述べた。

 誤入金から「確保」までの主な流れは以下の通り。

4月8日 4630万円を田口…

この記事は有料会員記事です。残り838文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら