第3回地下のサプライズ誕生会、お祝いは悲鳴に 砲撃に奪われた一瞬の希望

有料会員記事ウクライナ情勢

ウクライナ西部ブコベル=坂本進飯島健太
[PR]

 その日は、誕生日サプライズが用意されていた。

 3月19日。

 ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」では、長い地下生活の一日が、この日も終わろうとしていた。

 湿気でじめっとしているのに、夜になると凍えるような寒さ。

 食事は少なく、水も満足に飲めない。

 ロシア軍の爆撃は連日激しさを増していく。

 ウクライナ兵はいつ出られるかを教えてくれず、希望が見えない。

 避難生活が始まって2週間が過ぎ、マリウポリ出身のラリサ・ソロプさん(49)は、そんな毎日を送っていた。

 しかし19日は、シェルター内の雰囲気がいつもと違った。約40人いた避難者のうち、1人の誕生日があったからだ。

飾られた風船、コロッケで作った小さなケーキ

 それまでシェルター内で誰か…

この記事は有料会員記事です。残り1938文字有料会員になると続きをお読みいただけます。