藤井聡太五冠、叡王初防衛 出口若武六段に3連勝

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 藤井聡太叡王(19)と挑戦者の出口若武(わかむ)六段(27)が戦う第7期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第3局が24日、千葉県柏市で指され、藤井叡王が勝った。対戦成績3勝0敗でタイトルを防衛し、竜王、王位、王将、棋聖と合わせ五冠を守った。

 藤井叡王はこの日の勝利で、タイトル戦の連勝記録を羽生善治九段(51)と並ぶ歴代2位タイの13とした。1位は大山康晴十五世名人(故人)の17連勝。

 先手の藤井叡王の誘導で、第2局の千日手局を含めて今シリーズ4回目の「相懸かり」の戦いとなった。双方が4時間の持ち時間を使い切る「1分将棋」の熱戦になったが、ギリギリの終盤戦を藤井叡王が制した。藤井叡王は「最後まで苦しい局面が続いた」と振り返り、タイトル防衛について問われると「中盤で長考した場面が多かったが、それでもなかなか判断がつかないこともあった。そのあたりは課題を感じた」と話した。タイトル初挑戦の出口六段は「今日の将棋を負けたのは悔しい。もう少し鍛え直して上に上がっていければ」と話した。

 藤井叡王は2月に王将のタイ…

この記事は有料会員記事です。残り63文字有料会員になると続きをお読みいただけます。