縮小望んだ「プーチンが得たのは拡大したNATO」 事務総長が皮肉

有料会員記事

ダボス=石合力
[PR]

 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は24日、スイス東部ダボスで演説し、「戦争前に(ロシアの)プーチン大統領が望んでいたのは、より小さなNATOだった。いま彼は国境周辺で拡大したNATOを得ることになった。ウクライナで戦略的な目標を達することができなかった」と語った。ロシアの侵略による脅威がフィンランドスウェーデンの新規加入につながったと指摘した。

 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で発言したストルテンベルグ氏は、「今回の戦争で重要なのは、同盟国を守り、戦争のエスカレーションを抑えることだ。ウクライナの自衛のため、加盟国による武器支援と兵士の訓練を拡大しており、戦場で成果が出ている」と語った。

 ロシアがエネルギーなどを戦…

この記事は有料会員記事です。残り272文字有料会員になると続きをお読みいただけます。